やきとり大吉で独立開業

大吉独自の研修

飲食業未経験(大吉店主の方の8割が飲食業未経験)の方も、実際の店舗で行う3ヶ月の研修で開業出来るよう、店主に必要な仕込み・焼き・接客・経営など一切を学んで頂きます。大吉本部より研修を任されたベテラン店主が大吉商売の基礎から徹底的に伝授します。

3ヶ月3店舗での研修

大吉では、飲食業が未経験の方でも店主、経営者になれるよう1ヶ月に1店舗、計3ヵ月で3店舗の研修店で「飲食の基礎」「大吉商売の基礎」から研修します。3人の店主それぞれがお客様を満足させる方法を知っています。1人の店主のやり方だけではなく、3人の店主それぞれの良い点を3ヶ月で吸収してください。ご自身がオープンする時に3人の店主それぞれから学んだことを活かせば、営業の幅も広がり、安心して商売に打ち込めます。また、開業時に相談出来る先輩店主が3人もいること、それも心強いはずです。

研修スタート~

研修の様子を見る

大吉では約10坪の小規模な店舗を店主が焼台の前に立って運営します。つまり、店主の立ち居振る舞い・言葉づかい・接客が店舗の雰囲気を作るということです。その為に研修の初日は身だしなみ・声の出し方・衛生管理などから学びます。「考えるときに難しい顔をするクセがあるようだけど、全部お客様に見えているよ。常に笑顔を心がけよう。」「店内に通る声でやりとりをする事が『活気のある店作り』の第一歩。元気の良い声を出すよう、常に意識しよう。」「マメな手洗いの徹底を習慣づけないとね。」と指導を受ける事もあります。

翌日からは、包丁の持ち方・肉の切り方・串の刺し方など「仕込み」の基礎が始まります。「仕込みでは串の先端を出さないように心がけよう。口に入った時の最初の味が焦げた串の味では美味しいはずがないからね。」といったキメの細かい指導が毎日の営業を通して、先輩店主からどんどん伝授されます。

研修2ヶ月目~

研修の様子を見る

一日の流れや接客・運営の実際を学びながら、見よう見まねの1ヶ月を過ぎ、2ヶ月目に入る頃からは、仕込みの種類と量を増やし、スピード・焼き・接客の技術に磨きをかけていきます。また、ビール工場での「生ビール講習」もあり、美味しい生ビールの提供方法を学びます。
2ヶ月目が終わる頃、お任せする店舗が決まります。(*ユーザー店舗の場合)

3ヶ月目は、仕込みや焼き等、開業に必要なレベルに向かってのスキルアップと、営業許可書申請や店舗近隣への引越し準備・開業準備物の手配・アルバイトの募集など、研修以外にも忙しくなってきます。

店舗引渡し

仕込み・焼きなどが開業に必要なレベルに無事に達することができれば、店主契約・店舗の引渡しを行います。大吉本部・取引酒販店・メーカーなど関係者が集まり、店内の飾りつけ(POP類)や機器の作動確認などを行います。

前夜祭・オープン

詳しくはこちら

オープン前には「前夜祭」として、店主研修の最終テストを行います。近隣の大吉店主や本部スタッフも参加し、店主資格の最終確認です。この段階で不合格になって、開業が延期にならないよう、頑張っていきましょう。
いざ、オープン。最初のお客様の事は一生忘れることが出来ないはずです。この日から大吉店主としての人生がスタートします。「笑って生きていく。」人生の始まりです。

開点までの流れ

*開業イメージを理解する為にも、是非店舗を訪問してください。
 店舗訪問に関しては、本部との個別面談の後でも構いません。

飲食店未経験でも開業できる3ヶ月3店舗のベテラン店主による研修

  • ・1ヶ月目で研修生が多く受ける注意「声」「笑顔」。
  • ・2ヶ月目で仕込みのスピードアップ、接客姿勢、焼き技術に磨きをかける。
  • ・3ヶ月目で開業に必要なレベルのスキルを習得。
  • ・オープン前の前夜祭で店主研修の最終テスト。
  • ・最終テスト後にいざオープン。「笑って生きていく。」人生の始まりです。

このページの先頭へ