やきとり大吉で独立開業

大吉呼ぶひと 先輩店主の声

DNN動画配信中! DNN動画配信中! DNN動画配信中! DNN動画配信中! DNN動画配信中! DNN動画配信中!
やきとり大吉 創業者の著書
QRコード スマートフォンはこちら

"不滅"の小さなやきとり屋 開業・成功の極意

「独立して店を持ちたい」「自分の力で人生を切り開きたい」。少しでもそう思ったことのある方には、ぜひ読んでもらいたい一冊

「小さい店だから成功する」「戦わずして勝つ立地戦略」「流行は追わない」「生業に徹した小は大にも勝てる」「個人店とチェーンのいいとこ取り」など、大吉が創業から40年に渡り培ってきた開業・成功の極意を本書は余すことなく紹介します。

amazon・全国有名書店にて好評発売中
価格:1,500円+税〈旭屋出版〉

※本の一部を抜粋してご紹介致します。

第一章「潰れず、長く愛される」理由があります

店主の個性が、店の個性。接客マニュアルはあえて作りません

全国に店舗がある大吉グループはチェーンではありますが、それぞれの店舗に、それぞれの店主がいます。会社に雇われている店長ではなく、自らお店を経営する店主です。

必ず店主が店に立つことが大吉を開業する際の絶対条件であり、その点が、必ずしもFCオーナーが店に立つとは限らない他のチェーン店との大きな違いです。

そして、店主が店に立つことを絶対条件にしているのは、「地域密着」の経営に徹することが、地域で長くお客様に愛される最大の秘訣であるからに他なりません。
地域のお客様に、「ここに来るとなんだかホッとする」、「また来たくなる」と言っていただけるのが「やきとり大吉」です。「ホッとする」と言っていただけるのは、どこか懐かしいような、木を多く使った温かみのある内装も理由ですが、最も大きな理由は、「常に店主が店にいる」という安心感があるからです。

「店主の顔が分かる店」であることにこだわってきた大吉は、店主一人一人の個性を大切にしています。そのため、接客マニュアルをあえて作っていません。店主の「目くばり」「気くばり」「心くばり」が、その店の個性となるよう、あえて作らないのです。

つまり、「やきとり大吉」は、全国展開しているチェーン店としての信頼と、店主の個性を大切にした個人店の魅力の両方で成り立っています。

この絶妙なバランスも大吉の大きな強みであり、「チェーン店の良さ」と「個人店の良さ」を生かした店づくりをどのように行っているのかについては、第4章でもお話ししたいと思います。

著者の紹介

牟田 稔(ダイキチシステム株式会社 代表取締役社長)

1958年長崎県佐世保市生まれ。佐世保西高から九州大学経済学部へと進み、1981年サントリーへ。1990年から『やきとり大吉』を担当、以来創業者とともに全国に店舗を拡大していく。2005年ダイキチシステム入社、2008年二代目社長に就任した。
「生業に徹する」を理念とし、法人店舗や直営店は一切作らない。個人店とチェーン店を融合した独自のシステムで、独立開業希望者を支援。私生活でも「やきとり」をこよなく愛し、食した本数10万本を優に超える。ソムリエ資格や大阪検定1級も取得。

このページの先頭へ